人狼ゲームのゲームマスターのやり方をわかりやすく解説

Game master,ゲームマスター,人狼

対面人狼では必ず必要となるゲームマスター(GM)のやり方を、分かりやすく解説していきます。

ゲームマスターをやってみたい方は、ぜひご覧ください。

人狼ゲームの基本ルールはコチラ
werewolf,人狼,正体隠匿ゲーム 【人狼ゲーム】わかりやすいルール説明/ゲーム紹介【重:5〜15人くらい】

用意するもの

用意するもの,紙,ペン,タイマー

必要なもの

  • 人狼ゲームのカード
    トランプでも代用できる?
  • メモ用紙
    プレイヤーの役職や襲撃先・護衛先をメモするために使います。
  • 筆記用具
    GMのメモや名札に名前を書いたりします。
  • バインダー
    GMがメモする時に使います。
  • タイマー
    議論時間を計ります。
  • 名札
    プレイヤー名を呼び合うことが多いので、用意しましょう。(用紙があれば代用できます)

あると便利なもの

  • レーザーポインター
    GMが襲撃先や占い先を確認するために使用します。
  • 指し棒
    レーザーポインターがあれば必要ありません。
  • BGM
    雰囲気を出したい時に必要です。
  • ホワイトボード
    ルール説明、レギュレーション、座席表などプレイヤーに分かりやすく明記しておきます。

ゲームの準備

ゲームの準備では、配役やルール(レギュレーション)を決めます。ゲームバランスを考慮して、しっかりとレギュレーションの確認をしていきましょう。

役職カードのセッティング

配役,人狼,狂人,村人,霊媒師,占い師,騎士

役職カードはプレイ人数分を用意します。

どちらかの陣営に偏った配役だと、ゲームバランスが悪くなってしまいます。はじめのうちは、基本的な配役をオススメします。

なお

人狼ゲームは、ある程度の人数でプレイした方が楽しいゲームです。オススメの人数は9〜14人です。








5人311
6人411
7人31111
8人4112
9人5112
10人411121
11人511121
12人611121
13人611131
14人711131

その他の配役一覧はコチラ
人狼ゲーム,werewolf,ルール,正体隠匿,カード,ゲーム,アナログ,心理,推理,配役,レギュレーション,オススメ,ボードゲーム,配分 人狼ゲームのオススメ配役一覧 – レギュレーション

役職一覧はコチラ
人狼ゲーム,werewolf,ルール,役職紹介,一覧,コツ,テクニック,特殊 《役職一覧》人狼ゲームの役職・特徴一覧まとめ

ルールを決める

ゲームマスターによって様々なルールが存在します。特に決まったルールはありませんので、お好みのルールを採用しましょう。

決めておきたいルールは、以下の9つです。オススメのルールも記載していますので、ぜひ参考にしてください。

決めておきたいルール
  1. オープンルール or クローズルール
    オープンの場合=村人陣営が有利
    クローズの場合=人狼陣営に有利
  2. 役職欠け「あり・なし」
    ありの場合=人狼陣営が有利
    なしの場合=村人陣営に有利
  3. 初日の襲撃「あり・なし」
    ありの場合=人狼陣営が有利
    なしの場合=村人陣営に有利
  4. 人狼同士の打ち合わせ(内通)「あり・なし」
    ありの場合=人狼陣営が有利
    なしの場合=村人陣営に有利
  5. 初日占い「指定占い・ランダム白・なし」
    指定占いの場合=村人陣営が有利
    ランダム白の場合=村人陣営が有利
    なしの場合=人狼陣営に有利
  6. 連続ガード「あり・なし」
    ありの場合=村人陣営が有利
    なしの場合=人狼陣営に有利
  7. 村騙り「あり・なし」
    特に有利不利はないが、村騙りは上級者向け
  8. 投票方法「一斉投票・順番投票・質疑投票・自由投票など」
    一斉投票の場合=人狼陣営に有利
    順番投票の場合=村人陣営に有利
    質疑投票=村人陣営に有利
    自由投票=村人陣営に有利
  9. 一度の投票で処刑者が決まらなかったら「決選投票・ランダム処刑・処刑者なし」
    決選投票の場合=村人陣営に有利
    ランダム処刑の場合=村人陣営に有利
    処刑者なしの場合=人狼陣営に有利
  10. 処刑者の遺言「あり・なし」
    ありの場合=村人陣営に有利
    なしの場合=人狼陣営に有利
  11. etc.
オススメのルール
  1. クローズルール
    人狼ゲームは基本的にクローズルールでやります。
  2. 役職欠け「なし」
    役職欠け「あり」のルールは、推理がより複雑になるので、上級者向けになります。または、少人数の時に採用することが多いです。
  3. 初日の襲撃「なし」
    初日の襲撃は「なし」がオススメです。
  4. 人狼同士の打ち合わせ(内通)「あり」
    初心者が多い場合、内通は「あり」がオススメです。
  5. 初日占い「ランダム白」
    初日の占いは「ランダム白」がオススメです。
  6. 連続ガード「なし」
    連続ガードは「なし」がオススメです。
  7. 村騙り「なし」
    初心者が多い場合、村騙りは「なし」がオススメです。
  8. 投票方法「一斉投票」
    投票方法は「一斉投票」がオススメです。他の投票方法だと、時間がかかりすぎるので、あまりオススメではありません。
  9. 一度の投票で処刑者が決まらなかったら「決選投票」
    「決選投票」は一般的でオススメです。
  10. 処刑者の遺言「あり」
    遺言は「あり」がオススメです。
  11. etc.

ハンドサインの確認

夜のターンでゲームマスターがプレイヤーに情報を伝えるためのハンドサインを決めます。

人狼の場合 人狼ではない場
人差し指と小指を立てる。親指を立てる。
人狼のハンドサイン 人狼以外のハンドサイン

「人狼」を表すハンドサインは、上図のような形が一般的です。「人狼ではない」を表すハンドサインは他に、Vサインピストルのような形もありますので、お好みで決めましょう。

人狼同士の打ち合わせ(内通)「あり」の場合

内通を「あり」とする場合は、そちらのハンドサインも一緒に確認します。内通に使用するハンドサイン例は、以下の通りです。

内通のハンドサイン例
  • 占い師騙りをする
    片手でOKサインの形を作り片目で覗く。
  • 霊媒師騙りをする
    手をプラプラさせる。
  • 騎士騙りをする
    胸を叩く動作をする。
  • 潜伏をする
    口元に人差し指をあてる。(「しー」のポーズをとる。)

役職確認の手順

用意した役職カードをプレイヤーに配り、役職確認をしていきます。この工程で誤りがあると、ゲームが中断してしまう可能性がありますので、慎重に行いましょう。

役職カードの配布

役職カードを配る

「役職カードのセッティング」で用意した役職カードは、よくシャッフルしてからプレイヤーに1枚づつ配ります。プレイヤーが役職の確認をしたら、役職カードは裏向きにして手元に置いてもらうか、ゲームマスターが回収します。

役職の確認(初日の夜のターン)

初日の夜ターンは、役職確認を行いながら、人狼や能力者はその能力を行使していきます。

役職確認の順番
  1. 人狼
  2. 占い師
  3. 霊媒師
  4. 騎士
  5. 狂人 

具体的な進行とセリフ例

「恐ろしい夜が訪れました。みなさん目を閉じてください。役職確認を行います。」

全プレイヤーが目を閉じたことを確認したら、役職を順番に起こしていきます。

  1. 人狼
    「人狼さんは目を開けて仲間を確認してください。(ハンドサインで内通をしても構いません)確認ができたら目を閉じてください。」
    ※役職名とプレイヤー名のメモを取ります。
  2. 占い師
    ランダム白の場合「占い師さんは目を開けてください。そちらの方は人狼ではありません。確認が取れましたら、目を閉じてください。」
    指定占いの場合「占い師さんは目を開けてください。今夜占いたいプレイヤーを指差してください。そちらの方が人狼なら…、それ以外なら…です。そちらの方は…です。確認が取れましたら目を閉じてください。」
    初日占いなしの場合「占い師さんは目を開けてください。確認が取れました。目を閉じてください。」

    ※占い結果を出す必要があれば、ハンドサインで伝えます。
    ※役職名とプレイヤー名のメモを取ります。
  3. 霊媒師
    「霊媒師さんは目を開けてください。確認が取れました。目を閉じてください。」
    ※役職名とプレイヤー名のメモを取ります。
  4. 騎士
    「騎士さんは目を開けてください。確認が取れました。目を閉じてください。」
    ※役職名とプレイヤー名のメモを取ります。
  5. 狂人
    「狂人さんは目を開けてください。確認が取れました。目を閉じてください。」
    ※役職名とプレイヤー名のメモを取ります。

「村人以外の役職で、呼ばれていない方は手をあげてください。

  • 手があがった場合
    役職カードの配布からやり直す
  • 手があがらなかった場合
    役職確認が無事に完了

 

役職確認の注意点
  • プレイヤーの確認をする際は「そちら」に統一しましょう。
  • 役職者を起こす順番によっては、ゲームが中断してしまうことがありますので、慎重に行いましょう。
  • 配役によっては、起こす順番が異なります。役職の能力を理解した上で、起こす順番を決めましょう。役職の能力については『《役職一覧》人狼ゲームの役職一覧まとめ』をご覧ください。
  • 声の位置や言い回し、物音などで情報が出ないように配慮しましょう。

川崎

ゲームの準備は以上だ。次からは、ゲーム開始後の進行を説明をしよう。

ゲームの進行

初日の夜のターン(役職の確認)が終わったら、いよいよゲーム開始です。議論中や投票中は黙って村の行く末を見守りましょう。

昼のターン

昼のターンは、プレイヤー同士で自由に話し合いをする議論タイムと、多数決で1人を選んで処刑する投票タイムがあります。具体的な進行とセリフ例は以下の通りです。

議論タイム

「恐ろしい夜が明け、朝になりました。みなさん目を開けてください。それではこの村に紛れ込んだ人狼を議論で探し出し、処刑してください。初日の議論時間は〇〇分です。議論スタート!」

議論時間の目安

議論時間は日を追うごとに短くなっていくシステムです。生存者×30~45秒くらいを目安にしましょう。

アルティメットルールでは「初日9分」、以降は1分ずつ減っていきます。

タイマーを使って議論時間をスタートさせます。議論タイムが終わるとプレイヤーは一切発言ができなくなりますので、議論の邪魔にならない程度に「残り何分」というコールをすると良いと思います。

投票タイム

議論タイムが終わったら、投票タイムに入ります。プレイヤーは投票を行い、処刑者を決めます。

ここでは一斉投票と自由投票の時のセリフ例を紹介します。

  • 一斉投票の場合
    「議論を終えてください。これからの発言は一切禁止です。それでは本日処刑したい人が決まった人は手をあげてください。全員の手があがったことを確認できたら、一斉投票に入ります。」
  • 自由投票の場合
    「議論を終えてください。これからの発言は一切禁止です。ただし、投票者は一言発言しながら投票することができます。それでは処刑したい人が決まった人から順番に投票を行ってください。」

ゆか

投票された人には、指で得票数をカウントしてもらおう!

全プレイヤーの投票が終了したら、一番多く投票されたプレイヤーが処刑者となります。ただし、同数が二人以上いた場合は決選投票を行い、処刑者を決めます。

  • 遺言「あり」の場合
    「本日の処刑者は◯◯さんでした。◯◯さんは遺言をすることができます。一言どうぞ。『・・・遺言中・・・』◯◯さんは以後、ゲームに関する発言や行動は一切できません。」
  • 遺言「なし」の場合
    「◯◯さんは以後、ゲームに関する発言や行動は一切できません。」

生存者を明確にするために、処刑者には輪から外れてもらいましょう。

勝敗判定
夜のターンに移る前に勝敗判定を行います。

「人狼が全滅」または「人狼と村人陣営の生存数が同数以下」になっていたら、勝利陣営を全プレイヤーに報告し、ゲーム終了です。

けんたろう

ゲームが白熱すると発言を抑えられない人が出てくることがあるから、その人たちを静止するのもゲームマスターの大事なお仕事なんだって〜

二日目以降の夜のターン

二日目以降の夜のターンでは、人狼や能力者が能力を行使するターンです。初日の夜のターンと同じ順番で起こしても問題ありませんが、起こす順番を少し工夫することで、プレイヤーの負担を軽減させたり、夜のターンの時間短縮を図ることができます。

オススメの能力行使の順番
  1. 霊媒師
  2. 占い師
  3. 騎士
  4. 人狼

具体的な進行とセリフ例

「容疑者を処刑したにも関わらず、恐ろしい夜が訪れます。みなさん、目を閉じてください。

全プレイヤーが目を閉じたことを確認したら、役職者を順番に起こしていきます。

  1. 霊媒師
    「霊媒師さんは目を開けてください。昼に処刑されたプレイヤーが人狼なら…、それ以外なら…です。処刑されたプレイヤーは…です。確認が取れましたら目を閉じてください。」
    ※処刑者の結果をハンドサインで伝えます。
  2. 占い師
    「占い師さんは目を開けてください。今夜、占いたいプレイヤーを指差してください。そちらの方が人狼なら…、それ以外なら…です。そちらの方は…です。確認が取れましたら目を閉じてください。」
    ※占い先の結果をハンドサインで伝えます。
  3. 騎士
    「騎士さんは目を開けてください。今夜、人狼の襲撃から守りたいプレイヤーを指差してください。確認ができました、目を閉じてください。」
    ※護衛先のメモを取ります。
  4. 人狼
    「人狼さんは目を開けてください。今夜、襲撃したいプレイヤーを指差してください。確認ができました、目を閉じてください。」
    ※襲撃先のメモを取ります。
注意点

すでに処刑されていたり、襲撃によって脱落している能力者がいたとしても、必ず全能力者を起こしましょう。

二日目以降の昼のターン

昼のターンの議論タイムに入る前に、人狼に襲撃されたプレイヤーを発表します。

  • 襲撃が成功した場合
    恐ろしい夜が明け、朝になりました。みなさん目を開けてください。昨晩の犠牲者は・・・、〇〇さんでした!〇〇さんは以後、ゲームに関する発言や行動はできません。」
    ※襲撃されたプレイヤーには、無言で輪から外れてもらいます。
  • 襲撃が失敗した場合
    恐ろしい夜が明け、朝になりました。みなさん目を開けてください。昨晩の犠牲者は・・・、いませんでした!」
勝敗判定
議論タイムに移る前に勝敗判定を行います。

「人狼が全滅」または「人狼と村人陣営の生存数が同数以下」になっていたら、勝利陣営を全プレイヤーに報告し、ゲーム終了です。

勝敗がついていなければ、昼の議論タイムに入ります。

「それではこの村に紛れ込んだ人狼を議論で探し出し、処刑してください。〇〇日目の議論時間は〇〇分です。議論スタート!」

タイマーを使い、議論時間をスタートさせます。その後は、ゲームの勝敗が決まるまで、昼と夜のターンを交互に繰り返していきます。

ゲーム終了

昼のターン開始時と昼のターン終了時に勝敗判定を行い、勝負が決していれば以下のセリフをアナウンスし、ゲームが終了します。

人狼が全滅した場合

「容疑者を処刑した結果・・・、村に平和が訪れました。村人陣営の勝利です!

人狼と村人陣営の生存数が同数以下になった場合

「この村には人狼に対抗できる村人の人数がいません。人狼陣営の勝利です!

まとめ

ゲームマスターのやり方を紹介してきましたがいかがでしたか?長々と説明してきましたが、やってみればそれほど難しくはないと思います。

楽しい人狼ゲームのポイントに、「ゲームマスターの進行」と言う人も少なくありません。スムーズな進行を心掛けて、とにかく数をこなせば、きっと楽しいゲームマスターができると思います。

オススメの「人狼ゲーム」はコチラ

収録されている役職が少ない順で紹介します。人狼初心者の方には役職が少ない方をオススメしています。

会話型心理ゲーム 人狼 (JIN-ROU)

基本役職の全6役職を収録

人狼ビギナーズ

基本役職を含め、全7役職を収録

はじめての人狼

基本役職を含め、全8役職を収録

会話型心理ゲーム 人狼DX

基本役職を含め、全11役職を収録

人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル

基本役職を含め、全21役職を収録

会話型心理ゲーム 人狼 SUPER DX

基本役職を含め、全24役職を収録

究極の人狼 第2版 完全日本語版 (TED ALSPACH’S

基本役職を含め、全44役職を収録

月夜の人狼

基本役職を含め、全55役職を収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です