《タイムボム》ゲームを楽しむための基本的なテクニック5選

初心者の方や嘘のつき方がわからない方のために、タイムボムの『嘘のつき方』や『テクニック・コツ』を紹介します。

少しでもコツを掴んで、タイムボムを楽しみましょう!

※ここで紹介する『嘘のつき方』や『テクニック・コツ』が、必ずゲームに勝てる方法ではないことをご留意ください。

タイムボムの基本的なルールやレビューは、こちらの記事で紹介しています
タイムボム,Timebomb,正体隠匿,アナログゲーム 【タイムボム】わかりやすいルール説明/ゲーム紹介【中:2〜8人】

時空警察になったら

タイムボム,timebomb,テクニック,コツ,嘘のつき方,役職,陣営,チーム,タイムポリス,時空警察

時空警察(タイムポリス)は仲間が多いので、基本的に嘘をつかずに推理をして解除を見つけましょう。

しかし、ゲーム後半には、嘘をついた方が良い場面があります。

3ラウンド目以降はBOOMを隠す

ゲーム序盤は1人につき、5枚の導線カードを持っているので、あなたがBOOMを持っていたら正直に言っても大丈夫です。

さすがのボマー団も、BOOMを持っているプレイヤーの導線カードを切ってしまったら、自分がボマー団だと言っているようなものなので、迂闊に切りにいけません。

1ラウンド目

時空警察

BOOM持ってるから切らないでね〜
(なおがBOOMを持っているのね。今、なおの導線カードを切りにいったら、私がボマー団ってバレちゃう・・・)

ボマー団

しかし、ラウンドが進むにつれて、1人あたりの導線カードは減っていきます。

導線カードが少ない状態で「BOOM、持ってるよ!」と正直に言ってしまうと、ボマー団にニッパーが渡った瞬間、あなたの導線カードが切られてしまう恐れがあります。

それを防ぐために、3ラウンド目以降は、BOOMを持っていたとしても、黙っておいた方が良いかもしれません。

3ラウンド目

時空警察

(BOOM持ってるけど、正直に言ったら切られちゃうかもしれないから、黙ってよう・・・)
(1/3でBOOMが切れるなら、切りにいっちゃおうかな♪)

ボマー団

ただし、あなたがBOOMを持っている状態で、導線カードが切られてしまいそうになったら、その時はBOOMを持っている事を素直に白状して、切断を回避しましょう。

ボマー団になったら

タイムボム,timebomb,テクニック,コツ,嘘のつき方,役職,陣営,チーム,ボマー団

ボマー団は1枚だけあるBOOMを切りさえすれば勝利です。

仮にあなたの正体がバレたとしても、勝敗に全く関係ありません!

BOOMカードを隠す

あなたに配られた導線カードの中に、BOOMが入っていたら、これは隠しちゃいましょう

BOOMを隠すことによって、時空警察チームを疑心暗鬼モードにさせちゃいます。

ボマー団

BOOMなんて持ってないよ!

ボマー団

(本当は持ってるけどね♪)

基本的に、時空警察は嘘をつきませんので、解除を持っていたら『解除を持っている』ことを公表しますし、BOOMを持っていたら『BOOMを持っている』ことを公表します。

そこで、BOOMの公表がなかった場合、時空警察チームはどう考えるでしょう?

BOOMを持っているプレイヤーが、『BOOM持っていること』を公表しないということは、ボマー団がBOOMを持っていて隠していると考えるはずです。

なぜ、ボマー団がBOOMを隠すのか?理由はただ一つです。

自分の導線カードを切ってもらい、BOOMを引き当てていただくためです!

ここまで言えばわかると思いますが、時空警察目線では、解除をたくさん持っているプレイヤーがBOOMを隠し持っているように見えます。

『解除をたくさん持っている』と公表しているプレイヤーの導線は、迂闊に切れなくなります。

そのため、『解除は持っているが1枚だけのプレイヤー』や『解除を持っていないプレイヤー』の導線を切ることになり、結果、解除が出にくくなります。

時空警察

私は解除を3枚も持っているぞ!さぁ、私の導線カードを切るのだっ!
(川崎がBOOMを隠してる可能性が高いな・・・。川崎の導線カードを切るのはやめておこう・・・。)

時空警察

さらに、BOOMと解除も持っていた場合は、解除だけ本当の枚数を公表してしまえば、あなたの導線カードが切られる確率は、グンッと上がります。

ボマー団

BOOMは持ってないけど、解除は2枚持ってるよ!

ボマー団

(本当はBOOMも持ってるけどね♪)

あえて“BOOMを持っている”事を言って、時空警察だと思わせてしまうのもアリですね。

解除・BOOMカードを持っているフリをする

たとえ、配られた導線カードがすべて“し〜ん”だったとしても、「解除カード1枚待ってます!」・「BOOMがあるから切らないで!」など、し〜ん以外の導線カードを持っているフリをして、場を混乱させても面白いです。

解除を持っているフリをする場合は、あまり多く言ってしまうと怪しまれるので、1枚か2枚にしておいた方が良いかもしれません。

ボマー団

解除あるから私の切ろうよ♪
(本当は何も持ってないけどね♪)
BOOMあるから僕の切っちゃダメだよ〜
(本当は何も持ってないんだ〜)

ボマー団

もちろん、場の状況を見ながら判断しましょう。

仮に、仲間のボマー団と息が合えば、解除の枚数やBOOMの枚数が合って、時空警察側に信用される場合もあります。

導線カードを全部切られてしまい、何も持っていないことがバレる可能性があるので、注意が必要です。

スパイになったら

タイムボム,timebomb,テクニック,コツ,嘘のつき方,役職,陣営,チーム,第三陣営,スパイ

スパイは、とにかくBOOMも解除も切らせないよう行動します。

仲間がいないので、勝つのはなかなか難しいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?

持っている解除の枚数を偽る

ボマー団の行動と少し似ていますが、スパイの場合は実際に持っている解除の枚数より、多く言ってしまいましょう。

もちろん“BOOMを持っていない状態”が大前提です。

解除を1枚持っていた場合は「解除カード2枚持ってるよ!」と言う事により、あなたの導線カードが切られる可能性が上がります。

実際に切ってもらっても、最大で“1枚”しか解除は出てきません。

スパイ

解除2枚、保有している
私の導線カードを切るのが無難だろうな

スパイ

本当は1枚しか無いんだがな!!

導線カードを全部切られてしまい、嘘がバレる可能性もありますので、自分の導線カードが最大で“何枚切られるか”は、必ず確認しておきましょう。

し〜んをたくさん切らせて、ラウンドを消化させましょう。

し〜んしか持っていないフリをする

逆に、配られた導線カードのほとんどが、解除やBOOMが入っていた場合は、何も持っていないフリをしましょう。

スパイ

な・・・何も、持ってないぞ

スパイ

解除もBOOMもあるから、ぜっっったいに切られるわけにはいか〜んっ!!

序盤で、本当の事を言っていると信用される傾向があるので、3ラウンド以降で嘘をつくと効果的です!

まとめ

以上、タイムボムの“嘘のつき方”や“テクニック”でした!

ここで紹介したテクニックが、参考になったら幸いです。

他にも「こんなやり方があるよ!」という方がいらっしゃいましたら、下の方にあるコメント欄で教えていただけると嬉しいです!

次回の記事の参考にさせていただきます!

タイムボムはコチラ

カードを傷や汚れから保護しよう!
タイムボムのカード(88×63mm×25枚)がすっぽり入るスリーブはコチラ

カードを傷や汚れから保護しよう!
タイムボムのカード(88×57mm×40枚)がすっぽり入るスリーブはコチラ

タイムボムが好きな方にオススメなゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です